a receiver's side

音楽を聴く、ゲームをする、本を読む、映画を見る、すべてに於いて受け身な自分。い、いや、受けって言ってもアッー!な意味ではなくてね?…ってちょ、おま、アッー!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに発売となったSound Horizon 7th Story CD「Märchen」。

前作7th Story Plorogue CD「イドヘ至る森へ至るイド」から半年。待ちに待ったこの時。

いつも以上に凝っているCDケースに興奮しながら、CDを取り出す指はやはり震える。

落とさないように気をつけながら、コンポにCDをセット。

・・・再生を押す瞬間、急に動悸が激しくなる。


ここまでのものか、Märchenッ・・・!!


聞く前からすでに満足感を味わっている気がする…w
こんなアーティスト他に居ねえな…。


聞き終わった感想。


でもやっぱあれだな。ちょっと期待しすぎてたせいか、そうでもなかったな^^;


そんなわけは無く、やはりサンホラは毎作が最高傑作。

ずっと鳥肌立ちっぱなしだったわ。

今回って曲数少ないんだよね。9曲。
手抜きなのかなー、なんて発売前は思っていましたが、CD1枚じゃ足りないって言ってるRevoがそんな手抜きをするわけがない。

つまり1曲1曲が長い。宵闇の唄なんか10分越えだからね。
他の曲も9分とかそのくらいあるもんだから、今までの作品以上に音楽を聴いてる感覚が薄れていく。

グリム童話をモチーフとした今作。白雪姫、ヘンゼルとグレーテルといった有名なお話も出てくるので、前作「Moira」よりは取っつきやすくはなってる。とおもう。

だがそこはSound Horizon。素人にも玄人にもまったく親切ではございませんw
舞台がドイツなので、セリフや歌詞に問答無用でドイツ語が出てくるし、そしてそれらは歌詞カードには載ってるわけもなく。
そもそも「イドへ至る~」を聞いていないと分からない。

もっとも、サンホラーの中にイドを聞かずに「Märchen」を聞いているという人は一人も居ないでしょうが。

今回もやはり色んな物語が複雑に絡み合い、聞く人を悩ませています。
多分これ、今までの作品ほとんどとリンクしてると思う。

ま、私の足りない頭じゃ考察なんてとても無理なので、作品の感想だけ書きますw


まず一つ。ドイツ語ってカッコイイな!

息を吐くような発音の仕方があるんですが、これが良いんだよね~。
Ich や Bach のようなchは、前の母音の口の形のまま息を吐いて発音するんですね。

あと、ドイツ語の文法は英語と同じなので、単語の意味さえ分かれば簡単な文章くらいなら読めたりします。

たとえば

「I love you」はドイツ語で
「Ich liebe dich」(イヒ リーベ ディヒ)。

「Ich」は私、「dich」あなた、「liebe」はLoveです。ね?同じ。

あとは単語の意味さえ分かればな…。


ドイツ語で特徴的なのが、語頭の母音ははっきりと読む、ってのがあります。

たとえば

英語の「an apple」というのがあったら、「アン アップル」とは読まずに「アナップル」と繋げて読みますよね。

ところがドイツ語ではこれが起こりません。

「Ein Apfel」と書き、「アイン アプフェル」とちゃんと切って発音するんですね~。


昔ドイツ語習ったっけな~。もっとまじめに受けとけばよかったぜ!


あれ、感想書いてたはずが、いつの間にかドイツ語講座になってしまった。

さっきも書いたが、歌詞カードには全く載って無いので、必死に耳コピ中ですw



新ボーカル陣もすさまじく良いですね。

特にCeuiね!あんな感じとは思わなかったからびっくり。良い意味で裏切られました。
ライブが超楽しみ。

あと「硝子の棺で眠る姫君」のボーカル誰??
声すげえ可愛いい・・・妖精か。。。
同曲の小人達もいい仕事してますねw

まあ結末はすげえ怖いけどな・・・。


特筆すべきはやはり「青き伯爵の城」でしょう。

なんと大塚明夫が歌っている!!

ほんの一部だけど。。。それでもすっげえ驚いた。
ライブのキャストが発表された時に、声優の所に名前が載って無くて、役者の所に載ってたからまさかとは思っていたが…。

ライブで聴けるのか・・・!
あの悪~い笑いかた・・・!



しかしこのアルバムで僕がMVPを挙げたいのは、エリーゼの声役の藤田咲さん。
なんっかもう、色々と凄い。特にあの笑い方ね。
この人こそライブに呼ぶべきだろ…。

あーでも人形の声だから舞台には出て来れないのか・・・。



ライブで一番気になるのは「黒き女将の宿」でjimangはどんな格好をしてくるかだw ※まさかの女将役
テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽
新ボーカルがまた増えたようだ。てっきりイドのメンバーと一緒だと思ってたからびっくり。

1人目。彩乃かなみ
元宝塚の人らしい。いったいどういう繋がりで・・・。


2人目。下川みくに
え!

ちょっとびっくりしたわ・・・。キノの旅の曲を歌ってましたね。
まあ割と好きよ。


3人目。Ceui(セイ)

ギャー!

マジで?マジでマジで????????

伝説の勇者の伝説のOPとEDを歌ってる人じゃないか!!!
1期のEDの時に「結構いいなあ」と思ってて、2期のOPですっかり虜になってしまって・・・。

そしたら今度はサンホラに参加とか・・・なんだこれすげえぞ。


いやー今から楽しみだ。



ちなみにこの曲です。
高音域が安定してて凄く良い声でござんす。

CD買うかー。
【速報!】『7th Story Concert(仮)』追加公演決定!!





まあ、あると思ってたし。
つか無いのは考えられないよね。うん。



ん?




2011年1月13日(木)開場18:00 開演19:00 会場:パシフィコ横浜・国立大ホール
2011年1月14日(金)開場18:00 開演19:00 会場:パシフィコ横浜・国立大ホール






なんで平日なの・・・・・・・・・

えーーー行けっかな・・・・有給とらな・・・。
テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽
菊田裕樹が東方アレンジアルバムを制作中。

お、おい、これマジか。


まさかこの人まで東方アレンジしちゃうのか。
こんなん買わない理由がない。


え、誰?って?


聖剣2,3の作曲家だよ!!

予想外だったなー。まさかこの人。
楽しみだ。
Sound Horizonファンクラブイベント『王様の休日 In SHIRAKABAKO』

■日程:【1】 2010年11月12日(金)~2010年11月13日(土)1泊2日バスツアー
    【2】 2010年11月13日(土)~2010年11月14日(日)1泊2日バスツアー 

■宿泊: 白樺リゾート 池の平ホテル

■同行メンバー: Revo

■旅行代金: 4名様1室利用 お一人あたり 39,800円(税込み)

■募集人員: 各出発日400名(最少催行人員100名)






Sound Horizon  7th Story Concert 『タイトル未定』

2010年12月22日(水) 18:00 / 19:00 パシフィコ横浜・国立大ホール
2010年12月23日(木・祝) 16:00 / 17:00 パシフィコ横浜・国立大ホール
2010年12月25日(土) 17:00 / 18:00 パシフィコ横浜・国立大ホール
2010年12月26日(日) 16:00 / 17:00 パシフィコ横浜・国立大ホール
2010年12月29日(水) 17:30 / 18:30 東京国際フォーラム・ホールA
2010年12月30日(木) 17:30 / 18:30 東京国際フォーラム・ホールA

★チケット代金: 1枚¥7,500(税込)



ど、どど、ど、どどうしよう・・・※とくに前者

まあコンサートには行くとして・・・ファンクラブイベントがまさかの旅行とはなあ・・・。
1泊2日で4万・・・うーむ。

しかも400人でってのがまた行く気を削ぐ。



でもまあこの為に生きてるようなもんだし・・・行くかね。行ければだが。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。