a receiver's side

音楽を聴く、ゲームをする、本を読む、映画を見る、すべてに於いて受け身な自分。い、いや、受けって言ってもアッー!な意味ではなくてね?…ってちょ、おま、アッー!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年はCDラックの9割が同人CDに埋め尽くされ、この調子だと今年の夏にはラックが足りなくなるくらい、とにかく同人系を買った年であった。

そして忘れちゃいけないのが、去年はとにかくライブに行ったこと。

1/9 サンホラの「Moira」- JCB HALL
3/22 横浜第3次領土拡大遠征 - YOKOHAMA BLITZ
5/2 東京第3次領土拡大遠征 - JCB HALL
6/6 MEGA PEER - CLUB CITTA
6/27 国王生誕祭 -NHKホール

まあ行きまくった、というほど数行ったわけではないが、個人的には結構行ったな、という感じ。
だって今までライブというものに行ったことがなかった。

あ、beatnation summit(ビーマニライブ)には行ったな。抽選当たって。あれが初めて。
いつも聴いてる音楽を爆音で聴けて、かつ体全体でノる、という行為にがこんなに楽しいものかと思ったものです。
頭ガンガン振ってたなー。周りを気にせず。

サンホラでもそれは同じ。楽しんだもん勝ちだよねー、ライブって。


あとはいつも通り、ビーマニアーティストのアルバムが出たり、ご贔屓のサークルがたくさんCD出したり。
DIVERSEが多かった気がするなー。
何気にじまんぐのアルバムも結構買ったw


まーでも色々あったけど、結局2009年はぜーんぶ

梶浦由記に持って行かれたわい。

あの時、勇気を出して「空の境界」に手を出して良かったぜ。
梶浦サウンドをしらないまま死ぬのは勿体なさすぎた。

大げさですか?そうですねぇ。
あるでしょ?そういう音楽。


2010年も新しい人の音楽を知りたいけど、まだこのままでもいいかなw
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。