a receiver's side

音楽を聴く、ゲームをする、本を読む、映画を見る、すべてに於いて受け身な自分。い、いや、受けって言ってもアッー!な意味ではなくてね?…ってちょ、おま、アッー!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空の境界5章が無かったので、久々に映画を借りたよ。

1928年ロサンゼルス。9歳の息子・ウォルターと幸せな生活を送る、シングル・マザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)。だがある日突然、クリスティンの勤務中に、家で留守番をしていたウォルターが失踪。誘拐か家出か分からないまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れない夜を過ごす。
そして5か月後。警察から息子が発見されたとの朗報を聞き、クリスティンは念願の再会を果たす。だが、彼女の前に現れたのは最愛のウォルターではなく、彼によく似た見知らぬ少年だった―。



この映画のポイントはやはり、これが実話だということ。
実際に起きた「ゴードン・ノースコット事件」を元に、ストーリーテリングに定評のあるクリント・イーストウッドが映画化。

よくもまあこんな酷い話があるんか、というくらい衝撃的な内容ですが、上述の「ゴードン・ノースコット事件」を調べてみると、映画で語られた内容とほぼ同じでびっくり。
※映画観てない人は調べるなよ!w


何が衝撃的なまでに酷いかというと、当時のロサンゼルス市警察の腐敗体質っぷり。

「行方不明は24時間経たないと捜査できない」「遊んでいる子供に捜査員を回せない」といって翌日まで捜査しなかったり、

そもそも全然違う子供を連れてきて「あなたのお子さんです」とか。

挙句、何度も「違う子供だ」と主張するクリスティンを「警察が認定した事実を認めない異常者」として精神病院に強制入院させちゃう。



この腐敗しきった警察との闘いが後半は展開されますが、アンジーだからといって派手なアクションはないです。
真実を求めて闘う姿を、静かに、演じております。

あとはセットとかが見ものですね~。
こういう時代物は文字通り背景とかに気を使うからね。


最後までどうなるんだろう、と客を飽きさせない展開がよい。お勧めです。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。