a receiver's side

音楽を聴く、ゲームをする、本を読む、映画を見る、すべてに於いて受け身な自分。い、いや、受けって言ってもアッー!な意味ではなくてね?…ってちょ、おま、アッー!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は「4分間のピアニスト」



受刑者にピアノを教えるクリューガーはある日、天才的な才能を見せる女受刑者ジェニーに出会う。
反抗的で暴力的なジェニーに対し、クリューガーはコンテストで優勝させるべくピアノのレッスンを開始するが、嫉妬心と憎悪を露にする看守や他の受刑者達に妨害されてしまう。

なんとかコンテストに参加することができたジェニーは果たしてどのような演奏をするのか・・・。



これからもし見る人がいたら忠告しておく。

これは間違っても泣ける映画、ではない


「ラスト4分間の演奏は圧巻」

みたいな文句があり、観る前は「そこで泣かせる系の映画か」と思ったが、むしろそこで台無しになっている。

あれじゃあ泣けない。


あ、「つまんねー演奏だ」とか「全然圧巻じゃねーじゃん」とかそういう意味じゃなく。



間違いなく圧倒的。



ただ感動作だと思って見ていた私は


( ゚д゚)ポカーン


と。


もう演奏があり得ないことになっている。



でも映画の流れ的に、「今までの流れは!?」と思ってしまったのも事実。

正直最後だけだよ良いのはwww

レンタルでいいよwwww


もうここまで言ったからには借りる人いなさそうなので、でも最後の演奏だけは見て欲しいので↓




あったよ(えー


「いや、俺は借りてみるぜ!」という人は絶対見るなよ!
スポンサーサイト
コメント

なんか、すごい演奏やなw
2008/10/13(月) 19:32:17 | URL | しのび #-[ 編集]

>しのび
一応ピアノの演奏ではあるよなw
2008/10/13(月) 23:50:09 | URL | JuN #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。