a receiver's side

音楽を聴く、ゲームをする、本を読む、映画を見る、すべてに於いて受け身な自分。い、いや、受けって言ってもアッー!な意味ではなくてね?…ってちょ、おま、アッー!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大分じゃまだ蚊が飛んでるよ!
JuNです。こんばんわ。

宮崎でさえ、9月にはもうすでにいなかったのになぁ。
イメージ的に宮崎のほうがいっぱい飛んでそうですよね。

ところで最近こんなことがあったので聞いてください。分からない人も頑張って読んで色々感じてくれればと思います。


えー、新鬼武者をやってたんですよ。
鬼武者シリーズをやったことある人は分かると思うんですけど、あのゲームには本編には関係ない『魔空空間』という、まあいわゆる隠しダンジョンっぽいのがあるんですよ。全然隠れてないけど。
そこクリアするといいものがもらえたり。
もちろん今回もありました。
しかも今回はシリーズ中一番多い(と思う)100階。

「こりゃ相当強くしないと無理だべ」

と思って、とりあえず2週目にデータ引継ぎがあることを信じ一回本編をクリアしました。データ引継ぎはありました。

で、2週目。

さらにレベルも上げ、鎧(防御力)も最大まで強化し、武器も最大まで強化し、ステータスもほぼMAX。ていうかMAX。
よし、準備は整った!いざ!魔空空間!

40階あたりまでは、流石にステータスMAXですから割とスムーズでしたが、50、60と進んでいくにつれ、闘いはそれはそれは熾烈を極めました。
しかし、こちらにはさらに『鬼モード』という、つまるところ無敵状態になることができるので、何か間違いでも起きない限り、死ぬことはありません。

しかも『鬼モード』中は体力も回復するし攻撃力も上がる。そして無敵。
さらに心力ゲージがある限り何度でもなれる。
心力ゲージが貯まっていれば、体力が0になったときに『鬼モード』が発動するわけです。
どうです。これほど好条件なのだから、時間はかかっても100階攻略も可能だと思うでしょ?

さあ、いよいよ100階です。ちなみにこのときすでに6時間が経っていました。FF12のヤズマット戦を思い出しますね。

100階は、これまでの階と違ってやたら強い雑魚敵が数匹とボスがいました。一撃でめちゃくちゃ喰らいます。
まあこちらには『鬼モード』がありますから。死ぬことはないし?
で、あっという間に体力0。鬼発動。
一気に畳み掛けました。流石に100階のボスなだけあって耐久力も抜群です。

そのときです。

画面横からやたら強い雑魚敵が、その手に持つ大剣を振りかざしてきて…!


死にました。




( ゚Д゚)え・・・



だ、だって鬼発動中だったじゃん…

無敵のはずじゃん…

なんで死ぬ…?

しかもごっそり体力持ってかれたし。

この6時間はなんだったのよ。





放心たぁこのことです。(もちろん叫び声もあげました)
画面に現れた「」の文字を見て、「無駄になっちゃったなぁ…6時間」と思いました。

しばらく鬼武者は見たくありません。
でも、必ずもう一回挑戦します。
こんなんで諦めてたまるか。


とにかく結論としては

難しくすりゃいいってもんじゃねーんだよカプ○ンよぉ

ってことです。

なんでアクションゲームってこんなに難しいんだろうね。
カ○コンの社員はゲームが上手いんですね!
だってこれで難易度普通だからね!

それともアレか。
私が下手なだけか。
スポンサーサイト
コメント

俺も買ったよ・・・

そんなしんどんいんか・・・

ヤズマット現象やね



こりゃもうあれやな・・・

鬼になるしかないね、俺が。


2006/10/16(月) 12:30:23 | URL | しのび #-[ 編集]

>しのび
あちゃー、買っちゃったのかい。
やるなら難易度「易」でやんなさい…。

魔空空間には

気をつけろ!(長井
2006/10/16(月) 17:44:09 | URL | JuN #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。