a receiver's side

音楽を聴く、ゲームをする、本を読む、映画を見る、すべてに於いて受け身な自分。い、いや、受けって言ってもアッー!な意味ではなくてね?…ってちょ、おま、アッー!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月14日

普通に出勤。
昼ごろ、左顎関節が痛い事に気づく。触ると少し腫れてるようだった。

「よく分からんが寝違えたに違いない」と思いこむことにした。

腫れるほど寝違えるってどんだけ寝相悪いの という突っ込みをいただく事も無く、その日は19時半までお仕事。


夜。飯を食っているとき。

その時、JuNに電流走る。



なんじゃこりゃ痛っっっっっええええええ!!!!!!!


何かおかしい。口もごもごさせるだけでこんなに痛いなんて。

こりゃ寝ても治らんだろう明日は病院行くか。
だが何の病院にかかればいいのか分からんのでとりあえずググってみる。


・・・なるほど、顎関節症というのがあるのか。

多分これだな。わし、時々顎の骨ポキポキなるし。
鳴らし過ぎだろきっと。

というわけで次の日は歯医者へGO。



2月15日

腫れが前日の5倍くらいになる。

まじで顔が変形してる。
こりゃ恥ずかしくてお外でらんない。

でもそんなこと言ってられないので医者へ。


医者「これは親知らずですね間違いない。抜いたほうがいいけどここじゃ無理だから大きい病院行ってね紹介状書くし」


ええ~~?親知らず??歯なんて全然痛くないけどなぁ・・・。

まあ違うとも言えないので言われるがまま横浜総合病院の歯科口腔外科へ。



・・・なぜかレントゲンと血液検査をされた。

いや、レントゲンは分かる。血液を採るのはなぜなの?

しかし嫌とも言えないのでおとなしく一本採られる。


長い事待たされようやく口腔外科で診察開始。まじでなげーよファック。


医者「・・・もしかして今、熱あるんじゃないですか?」


'`,、('∀`) '`,、熱?寝言言ってんじゃねーよ!!


37度8分


( ゚д゚)えっ


熱がある・・・?で、でも今そんな体調悪くないよ?

いや・・・言われてみれば少しふらつくような気がしてきた・・・。※人間、熱があると分かると体調悪くなるものです


医者の判断は流行性耳下腺炎、いわゆる「おたふく風邪」。

耳の下に『耳下腺』という唾を作る器官があるらしいのだが、血液中のアミラーゼの値が高いと、そこが腫れて痛みが走ると。同時に熱もでる。

なるほどそれで血液検査。
普通の人で35~125くらいのところ、1125をマーク\(^o^)/

間違いなくおたふく風邪だと思うが、明日また耳鼻科に行ってください連絡しときます。
ということで、その日は痛み止めとかを貰い、帰宅。

帰宅後、昔おたふくにかかって無い事の確認と、なぜ予防接種しなかったのか親に問い詰めたのは言うまでもない。



2月16日

腫れがまた酷くなった。
もうマスクとかでは隠せないので、ネックウォーマーを装着して病院へ。よかった冬で。

病院ではとくに何事もなく、耳鼻科で改めておたふく風邪であることを告げられ、大量の薬を貰って帰宅。


ここからが地獄の始まりだった。


続く。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。