a receiver's side

音楽を聴く、ゲームをする、本を読む、映画を見る、すべてに於いて受け身な自分。い、いや、受けって言ってもアッー!な意味ではなくてね?…ってちょ、おま、アッー!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「パプリカ」「千年女優」などの作品を手がけたアニメ監督の今敏さん死去


残念すぎる…。好きな監督の一人だったわ。

「パプリカ」のパレードシーンを見たときの衝撃は忘れられない。
「東京ゴッドファーザーズ」も面白かった。

今度「千年女優」を見ます。まだ見てないんで。
「夢みる機械」はいつか、何らかの形で世に出ることを願っています。


47歳なんて早すぎるよ・・・。
スポンサーサイト
ちょっと金が出来たので奮発してまたCDを2枚購入。

2枚ともDiverse Systemから、

以前買えなかった「Hello,BOSS.2nd」
そして夏の新作「D15」

昨日届いてさっき全部聞き終わった感想。


妥協して発売日に買わないでごめんなさい。



あぶないところだった。金が無いのを理由に買うのを後回しにしてたけど、後にすればするほど購買意欲って薄くなっていくじゃない?

Hello,BOSS.2ndはもっとはやく手に入れるべきだったし、そしてD15の出来が本っっっっっっ当に良い。

毎回思うけど、アレンジやらリミックスが本当に上手いよねえ~。


そんなDiverseも10周年なんだとか…。いやー歴史長いね。

そして早くも次回作の公募が始まっている。一体、どこまで行くんだろうか。

AD.Nearly 140
Dear,Mr.wac
D16

の3つだそうだ。

次も超期待してますw
次はちゃんと発売日に買います。
えー、あまりうれしくないけど次の現場が決まりました。

あの失敗から2カ月ほど経ち、もう大分落ち着いて来た所だったし、そろそろ次の現場決まらんかにゃーと思ってた矢先。

でもクレーム戻りだから中々次の案件は来ないかもよ、と上司からも言われてて、なお且つ1カ月間は案件対応不可だったわけよ。
つまり「お前は今どう頑張っても1カ月は次の案件来ないよ」ってこと。

で、今月に入ってその呪いは解け、最近は本社で英語研修なんぞを受けていました。

そして研修から3週目にして、なぜかあっさり次の現場が決まってしまい・・・。


決まった事自体はうれしいんだけど・・・最初に言ったけどあまり嬉しくないのよね。

だって期間が1カ月しかないんだもん!!

1カ月とか、ろくにOJTもないまま馬車馬のように働かされて終わるんだきっと。

しかも事前に話聞いてなかったんだけど、外資系だから英語で話さなきゃならん場面もあるかも知れぬ。

そんな事、事前に話すべきだし、しなかったという事は必須ではないんだろうきっと。
じゃないと無理だっつの。


まー、嬉しい事もある。場所が超近い。

通勤時間15分とかまじおいしいです(^p^


とまあこんな感じです。
まあ私はまだ幸せなほうだ。

ずっっっっっっっっっと本社で待機してる人をちらほら知ってるから。
とくにウチは待機中は地獄のように金が減るからな・・・。

1カ月だけでも働けてお金貰えるんなら。頑張るしかねぇ。



あの時のような失敗は二度と起こさん。




話変わって。


最近、漫画を全然買ってねかったんで久方ぶりに本屋へ。

とりあえず、少女ファイト7巻とヴァルプルギスの後悔3巻を手に取る。
ハーメルンのバイオリン弾き~シェルクンチク~5巻はまだ出ておらんかった・・・。

2冊じゃ寂しいんで店内をウロウロ。そこで発見したのが

ドリフターズ
以下略

の2冊。2冊とも平野耕太の新作!

以下略の存在は知ってたけど単行本化してたのは知らなかったw
内容はまあいつも通りの以下略だった。

そしてドリフターズ。これはまったく知らなかった驚いた。
ヘルシング終わった後にまさか新連載があったとは・・・。

しかし1巻ですでにクライマックスな気がするんだが何巻まで書くつもりなんだろ・・・。

それにしても面白いねー。最初の数ページで「なんだこの和風ヘルシングは」と思ったらなんか展開がおかしくなって…3話読んだ時点でちくしょう面白えな。

詳しくは自分で買ってくれ。誰か買ってよ。ねえ。



それにしても与一はエロい。え?男?それがいいんだよ!(助
だってなーんにも書くことがないんだもーん!






帽子をかぶってるひとが一番凄いな。
いや、赤い服の人もなかなか凄い動きだ。
あ、でも黒いズボンの人も良い動きをするぞ。






・・・グラサンが一番やばい。


これはすげえぜ。
ネタが無いのよ\(^o^)/

一応、コミケで出たCDが今日届いたんでそれについて書いてもいいんですけどね。

誰にも食いつかれない無い自信があるので書かない。


なので動画貼りに逃げる。




はみ出てるけどいいや。


えーと動画は、とあるビーチの彼方に黒雲が見えたかと思うとあっという間に辺りを包みこむ映像。
ものすごい速さで雲が迫ってくる様子は圧巻です。
これCGじゃないんだよな…。

この動画みてインセプションが見たくなった私はどこかズレてるのかなw


ふぅ・・・。(※実話)


4時間フリータイムでみっちり歌ってきましたv
いやーヒトカラいいですよ。やってみたかったんですよね~。

やっぱ最初の壁は「店に入って店員に話かける」。
ですけど、最近はヒトカラも多いんだろうね。何事もなく通してくれたよ。

一番奥の部屋にされたのは気を使ってくれたからなのかな・・・w



今日は普段は歌わないhiphopとかを入れてみたよ。
あと写真にあるように、同じ曲連続でいれたりw

しかし・・・
光と闇の童話はマジで難しい。

いわゆるサビの部分がハイトーン過ぎて、低い声の私だと無理なんだよねぇ…。

帰る前にまた一回歌ってみたら最初よりはましになったけどね。。。


この曲を歌う時は、

1.前半戦ではなく後半戦に挑戦。
 カラオケに来ていきなりはやめよう。

2.思いっきり声を出す。
 思い切りが肝心。

3.立って歌う。
 立って体をひねる勢いで。

この3つがカギ。


まー、これも慣れてくるのかなぁ。

冥王も初めて歌った時はホントに無理だと思ったもんw
でも今は冥王は歌えるようになってきた(`・ω・´)

ちょっとコツを掴んだぞ。あれはマイクを覆うように持って歌うと良い感じになる。



まあ俺だけね?w
うまい人というか、もとからそういう声が出せる人は小細工必要ないんだし。

あー、イドの声が普通に出せる人は羨ましいな。


画質悪いのは気にしちゃいけない。



いやーいいねいいね。今まで無かったものが部屋にあるのは良いね。

しかもサイン入りやしね!


これから毎朝、拝んでから出かけよう。



後はGIGYOさんpomeraをどうするかが目下の悩み。。。

どっかに飾るか・・・それとも何かに使うか?w

中に入ってたテキストファイルには「pomeraを楽しんでください」って書いてあるしなぁ。

流石に作詞する力はないし・・・w

普通に持ってる人は何に使ってるんだろ。
誰か持ってる?
持ってたらおせーて><
今まで私はサンホラやらJIMANGやらメガピアやら、合計で14回程ライブに行っております。
これが多いのか少ないのかはよく分かりませんが(社会人にしちゃ多い方だろうw)、今回の「quimの部屋(笑)」が14回目。

今までで一番楽しかった。


と言っても過言ではない。うん。

理由は色々あるんだけど。


まず一つ。

今回の場所は「川崎セルビアンナイト」というライブハウス。
キャパシティ的には多分300人くらいが限界だろう、というくらいの規模。

にも関わらず、今回のライブはキャパシティにそぐわない集客率であった。少ないほうに。

開場30分前に行ったのですが、そこに並んでいたのは2,30人程度…。


「え?少ないって言ってたけどこんなに少ないの?w」


メガピアだったら30分前はもうてんやわんやです。わいのわいのと。

そしてそう思っていたのは私だけではなかったようで、並んでいる時に前の人と意気投合したりw
これは少ない人数だからこそ起きたことなんだろうな。

少ない人数でのライブって、実は私の理想のライブなんだよね。
だって多いと・・・ねえ?


…でも、なんでこんなに少なかったんだろう…。※当日は隅田川花火大会でした。


り、りあじゅうどもめっ!!おれがこのてでころしてやる!!



まあそんな話題をしつつ、15時30分開場。


さすがに整理番号的に一番前は無理だったけど、前から3列目くらいの位置に。

ちなみに4列目が出来ることは無かった。


4列目が出来ることは無かった。

無かったんです。どれくらい少ないか、クラブハウスに行ったことある人は分かるだろう?w

まあ、ずっと後ろのほうにいたり、壁際に佇む人もちらほら居ましたけどね。



そんなこんなで、少ない人数で迎えたquimの部屋(笑)。

タイムテーブルはこんな感じ。

・DJがなんかかける。(なんかアルレコとかかけてたけどあの人結局誰だったんだろう…。)
・quimさんの挨拶もそこそこに、onokenさんのインスト曲→三澤さんバラードタイム。
・さっきのDJさんがまた登場。
・今回のメンバー全員登場してグダグダとトーク&写真&ネタ動画。
・いらない物持ってきたからお前らにあげるよ!(いわゆるプレゼントコーナー)(そんなタイトルじゃねえ)
・再度DJさん登場。ここがめちゃくちゃ楽しかったw
・イオシスタイム。
・ゲリラバースデーパーティ。


簡単に書くとこんな感じ。これだけでも4時間強あったんだぜw


特筆すべきは(いやホントは全部だけど)やはりonokenさんでしょう。その為に来たんだしw

かけた曲は↓

・ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」「第4楽章」のリミックス。(超良かった。今日の為に作ったんかな。)
・Necro Fantasia
・Felys

だったけな…。インストはあんまりかけなかったね。
途中、CDJのトラブルで曲の終りで止まっちゃったりしてたw
慌てるonokenさん萌え。
訓練された客のお陰もあり、なんとか乗り切りました。


NecroとFelysも凄く良かったよ…。

そして三澤さんタイム。

また新たな呼び名が誕生してしまったw(灯台=東大)
今度から「東大」と読んであげましょう。

えーと歌ったのは↓
・regalia
・ythm
・夜光燈
・samsara(新曲!)
・砂の城
・(スーパー)fragment
・ユキハネ

あと何かあった気がしたけど忘れたー!

曲ごとにトークを挟み、曲に対しての思い入れを聞かせていただけました。
楽しかった理由の2つ目はコレですね。他じゃ聞けないよ多分。


全員が集まってのトークパートでは、とにかくネタ写真とかネタ動画を公開。

あ、その前にまたここで三澤さんの新たな呼び名「鷲巣」が誕生したんだったw

なんか…鷲巣様好きみたいよ?あの人。いや、俺も好きだけど。
だから三澤さんがツボってたのも分かるんだよ!w



で、ネタ写真は鞠菜さんの大食らいっぷりとかぺヤングとか、MOCさんの髪の成長っぷりとか、onokenさんの録音風景とか(久保田修さんが映ってた!)、自室の写真とか。

そしてネタ動画ではどういうわけか、オノケンサンバIIが流れた。

まあ、onokenさん屈指のネタ動画、って事なんだろうけど…。
本人はああいうの好きらしい・・・w

知らない人がほとんどだったろうけど、あれはあれで盛り上がってたw


そしてMOCさん動画。
そのうちニコニコに上げるかも、との事。見たら腹筋崩壊間違いない。

いやー笑った笑ったw


そして、楽しかった理由の3つ目。

メンバー各自、いらない物を持ってきたって事で、プレゼントコーナーが始まりました。

それぞれのプレゼントは↓

・藤原鞠菜さん
 ハンカチとかネックレスとか。(もっとなんかあったんだけどな…)

・onokenさん
 今や絶版になっている「Swell Strings」2枚。サイン入り。

・三澤さん
 ご自身のアルバム「Stella Musica」と「星影の天の原」のポスター。サイン入り。数枚あったな。

・quimさん
 自分で買って2回くらい使った後の「シャワーヘッド」(ホントにいらない物じゃねーかw)
 なんか温度によって色が変わるんだってさ。

・GIGYOさん
 歌詞作成などに使っていたpomera。サイン入り。

・MOCさん
 …なんかよう分からんけどあれなんだったの?w


わたくし、自慢じゃないけどこういうの一度も当たったことが無いんです。
ホントに、生まれてこの方、全く無い。ビンゴゲームでビンゴなんてしたことありません。

しかも今回「じゃんけん勝ち抜けで」とか言うもんだから、余計に確立低い。わしじゃんけん弱いし…。


どうせ今回も貰えないんだろう…。



と、思っていたんですけどね。










勝っちゃった!(゚∀゚)


サインアップ。


サムネクリックででかいのが見れます。


いや~マジびっくりした。
「ヨッシャァーー!!!」って叫んだもん。マジで。※マジです


1番最初の鞠菜さんには一発で負け、次のonokenさんでは3回くらいで負け…。
とくに私onokenファンだからね。これは悔しかった。
でも貰った人にはちゃんと祝福したよ?

そんなこんなでもう意気消沈。今回もダメか…なんて思っていたら、三澤さんとのじゃんけんで勝ち続け、見事ポスターゲット!!!!!

最後に僕ともう一人残ったんだけど、「どっちのポスター選ぶ?」ってなった時、相手が「Stellaが良い!」って言ったんです。

「あ、じゃあ僕は星影で・・・」

なんて言うと思うかァーー!!!俺もStellaが欲しいっちゅーねん!!

で、2人でじゃんけんして、このじゃんけんでも勝利を収めたわけです。


なんという強運!
いずれ額縁に入れて飾ったものをうpします。


ちなみに「Swell Strings」貰った人もポスターゲットしてた。
す、すげえ運だ…。


そしてじゃんけんは続く。次はquimさん。確か。

さすがにポスター貰った身で参加するのは気が引けるな~と思ってたんだけど、すでに2つ貰ってる人いるし、いいか。という感じで再びじゃんけんに参加。

でもquimさんには早々に負けた;;

まあ仕方ないよね。もう貰ってるんだし、別に良いか。




そう思っていたんですけどね。









また勝っちゃったよおい。

GIGYOさんのpomera~。

ちなみにpomeraってのは携帯用テキスト入力電子機器の事で、




こういうやつ。いつでもどこでも手軽にメモ取れるってやつですね。
GIGYOさんはこれを使って作詞していたらしいが・・・いいのか?そんな大事なもの…。


さっきも書いたけど、すでにプレゼント貰ってる奴がもう一つ貰うってのにはホントに気が引けてたんです。
まさか勝つとは思ってないから、軽い気持ちでじゃんけんに参加してんだけどさ…。

最後3人残った内の1人になってしまって・・・w


「え、俺は流石に座ったほうが良い・・・よね・・・?」

ってquimさんに言ったら、


一番前にいた客が

(;゚Д゚)「いいからやっとけって!!!」


ってもの凄い勢いで言ってきたw


「まあでも負けるだろうしw」という気持ちで3人でじゃんけん。

…1人抜ける。俺、勝ってる。


1対1。


やばい。ここで勝ってもいいのか!?

どうする俺!!
辞退するか俺!!?

でも正直に言う!勝ちたい!!俺、勝ちたい!!

もし勝って微妙な空気になったらその人にあげる!w


そんな気持ちで挑んだラストじゃんけん。

3回ほどあいこが続いたのは覚えてる。最後にどの手で勝ったかはもう覚えてないw

勝ちが決まった時のみんなの歓声が凄かったのは覚えてる。忘れられないw


そんな僕は半笑いで茫然としてましたけどねw

全然知らない人がバシバシ叩いてきたり横腹つついてきたりしてたなw


そんなこんなで、2つプレゼントをゲットしたのです。

こりゃ一生分の運使ったなw



最後のMOCさんのじゃんけんは早々と散る。いや、もういいけどさw


トークも終り、再度DJ登場。
ここでイオシス系の曲がかかったんだけど、ここで俺はオタ芸の神髄を見た。


すげーんだあの一体感。

箱がスカスカだったから余計に。ありゃすげーわ。見てて面白かった。

多分これも、今日じゃなきゃ見れないもんだったと思うわ。


そのあとはイオシス。といってもquimさんは居なくて、MOCさん、GIGYOさん、藤原鞠菜さんの3人。
イオシス楽曲とYMG曲。そして藤原さん率いるバンド楽曲。
どれも面白かったですね~。いつものイオシスとはちと違う。MOCさんはみんなのオモチャですはい。
「なんだただのMOC賛歌」は名曲ですw
2回もかけやがったw


そのあとは最後の舞台挨拶。
ここで三澤さんとquimさんにサプライズでバースデーパーティー!

しかもダブルで騙してたらしく、三澤さんには「quimさんのサプライズパーティーやるよ」と言っておいて、quimさんには「三澤さんのサプライズやるよ」と言っておいたらしい。
これは皆さんはニヤニヤしてたろうなあw

quimさん、あれはガチ照れだなw


そしてライブは終了。

だが私には最後のミッションが残っていた。絶対にonokenさんと握手をする!!


まあmixiでつぶやいた通り、握手には成功したわけだよ。

一番前まで行き、帰ろうとするonokenさんを


(;゚Д゚)「onokenさん握手!!!握手だけしてくださーい!!」(超必死)

と呼びとめる我。

そしたら戻ってきてくれましたよ、onokenさん。
それを嗅ぎつけて他のお客さんもやってくるw

わいのわいのとみんなと握手するonokenさんマジ良い人。

「またやってください」って言ったら「またやるよ!」って言ってくれた。


そして最後、調子に乗った私は、今度こそ帰ろうとするonokenさんにこれだけは聞いておきたい質問をした。

誰もが気になっているこの質問だ。


J「ポップンミュージックに参加してるのってonokenさんですよね?」



さあ、どうでるっ・・・!



onoken「Axさん超カッコイイよね!!マジ憧れだよ!!w」


J「超カッコイイッスよねー!!www」


その後二人で爆笑して終わったw
onokenさんめっちゃ笑ってたなwwwwww


ん?そういや俺、「Axさん」なんて一言も言ってないな。
よく考えたら。
「ポップンに参加してるのはonokenさんですよね」って聞いただけだ。

アッ!こりゃonokenさん、自爆したな?w
やはりAx=onoke・・・おや、誰か来たようだ。














Axさんは素晴らしいアーティストです。いやーホント誰なんだろ。







とまあ、握手どころか軽く会話までしちゃったよ、というお話です。

もう一生の思い出どころか人生3回分くらいいっちゃったよこれ。


で、帰ろうとしたらフロアの後ろでいきなりMOCさんが「物販やるよー」って物販始めちゃったんですよ。


( ゚д゚).。oO(あれ…これってラッキーじゃん…。)


J「MOCさんサイン!サインください!!」

GIGYOさんから頂いたpomeraにサインを貰いましたw

そしてしばらくしたらなんとquimさんまで来た!

J「き、quimさんサイン!サインください!!」(必死)


ここぞとばかりにサインを貰う我wwwww
あの時ペンを貸してくれた人、ありがと。


帰りにそのpomeraの中身を見てみたら、「当選者の方へ」というテキストファイルが5つあり、それぞれGIGYOさん、あゆさん、MOCさん、藤原鞠菜さん、quimさんからのおめでとうメッセージが入ってました。


…やばい。もしかしてあの中じゃこれが一番のプレゼントじゃないか?

大切にしよ…。


さー、これでライブレポは終りっと。
あの憧れのonokenさんと、軽くとはいえ触れ合えたという点で、このライブは本当に思い出のライブになります。


ああ、楽しかった。
最高の思い出が出来た。




ところでここまで読んだ人いる?w

今日のはまた一段と長い日記になってしまった。


つ、疲れた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。